★だるまさんシリーズ★



私がこの本を選んだのは、読み聞かせのボランティア活動

をしているとき、子どもたちが一番好きな本だからです。

この絵本は、4シリーズになっていて、

だるまさん。だるまさんが。だるまさんの。だるまさんと。です。

でっかいだるまさんが、いろいろ面白いことをしてくれるので、

とても楽しい絵本です。

読み聞かせ用に大きな絵本と小さな絵本があります。

10数えるときに”だるまさんがころんだ”と

数を数えたりするのですぐに覚えられます。

ゴロがいいからですね。かくれんぼをするとき数えます。

子供の時にみんなかくれんぼ遊びをよくしたと思います。

この絵本は、幼稚園や保育園などでよく読まれているみたいで、

みんなとてもよく知っています。

ボランティアをしているとき時々“先生”なんて間違われたりして、楽しいです。

子供たちは何度も読んで読んでとせがみます。

1グループ2グループ3グループと人数が多い時には、

6回くらい読むことになります。

本当にのどがカラカラになってしまいます。

ドリンクは必需品ですね。お茶とか水は。

今の時期は、なかなかコロナ渦なので、

お呼びがかからないので、少し寂しい気もします。

マスクが外せる日が早く来るといいと思います。

今年も去年同様マスクの需要が多そうです。

だんだんマスクもオシャレになっています。

そういえば今年は、インフルエンザの話はあまり聞かないですね。

熱が出ないように自己管理をしっかりしないといけない。

この絵本を書いた人は、かがくい ひろしさんという方です。

「だ・る・ま・さ・ん・が」左右に動くだるまさん。

ページをめくると…あらら、びっくり!大わらい!

他に”りんごがころん””てんとうむしぱっ””スプーンさん”

”コップちゃん””くつしたくん”などがあります。

かがくいさんの絵本は、読んでてとても楽しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。




Copyright © yoshiの読み聞かせの本紹介日記★ All Rights Reserved.